11月16日(土)/ 17日(日)防災キャンプ

[キャンプ体験を通して災害時にも役立つ知識や技術を学ぶ]

キャンプでは日常の環境とは異なる場所で『衣・食・住』の体験を行いますが、実は災害時にも役立つ知識や技術がたくさん含まれています。実際に災害が起こったとき、普段の生活環境とは異なる環境で生活をすることになり、『自分の身は自分で守る』ことが求められます。

キャンプのような不便な環境下で過ごすことで、いざという時でも慌てずに生活ができる知識や技術を学べます。

【キャンプでは不便を楽しむ】

私たちの日常生活は、衣食住の3つを基本として快適な暮らしを送っています。

普段の生活では”便利”があふれ、便利で豊かな生活であればあるほど”不便”なことを避けることができます。キャンプでは、『不便を楽しむ』という考えがあり、必要最低限の道具や知識、技術を使い、自然の中で過ごす非日常の体験を楽しむ醍醐味があります。

キャンプに出かける際には、持ち運びできる荷物にも限界があり、1泊、2泊と宿泊の日数が増えれば増えるほど荷物の持ち運びを考えなくてはいきません。 お金を出せばいくらでも便利な道具を揃えることができますが、荷物が増えるばかりで実際のキャンプでは使わないことも多々あります。趣味として道具を揃えキャンプを楽しむことを否定している訳ではなく、日常とはかけ離れたキャンプでは、時として色々な場面に遭遇することがあり、頼りにしていた道具が壊れたり、そもそも持って行くことを忘れたりしてしまうこともあります。そんな時でも慌てずにキャンプを続けるには、ちょっとした技術と知識で乗り越えられます。

『災害は突然やってきます』

非日常の不便な生活になっても、その環境下で”何ができるのか”を考え行動するとき、キャンプでの知識や技術が非常に役立ちます。災害が起こった時には誰もが『何も考えられず途方にくれてしまう』はずです。普段からキャンプで過ごすことを経験し、体験しておくことで、『いざ』という時でも前向きに考え行動し、キャンプでの知識や経験を使うことで『生き抜く力』を身に付けておくことが大切ではないでしょうか。普段は楽しいキャンプ体験を防災に生かすことで、『自分の身は自分で守る』ことができるでしょう。

①Am 9:30~11:30 キャンプでの『衣・食・住』 参加費:¥500/定員:10名

②Pm 13:00~15:00 キャンプでの技術を活かす 参加費:¥1,500/定員:10名

③Pm 15:00~16:00 防災食を考える 参加費:¥1,000/定員:10名

※①~③全てのワークショップ参加の方は¥2,500で参加頂けます。

【参加条件・確認事項】

・ワークショップに必要な道具は全てご用意しています。

・男性、女性どなたでも参加頂けますが、未成年の参加には保護者の方の同伴が必要です。

※保護者同伴にて参加の場合でも参加費は同じですが、お一人分の道具での対応になります。

・各回全てにイベント保険に加入しています。当日受付時に参加同意書にご同意を頂きます。

・長袖、長ズボン、運動靴での参加をお願い致します。(肌を露出する服装でご参加の場合にはお断りする場合があります)

・各回事前予約でのお申し込みが必要です。(定員に達し次第受付終了になりますが、空きがある場合に限り当日参加OKです)

・雨天の場合中止にすることがあります。


【お申込み】

TEL:090-1401-9414

メール:naturance24@gmail.com

23回の閲覧

© 2017-2020 by Naturance OutdoorStyle . All rights reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • Black YouTube Icon

CALL 090-1401-9414