top of page

自然の中で自分たちで面白さを探す!

小学3年生による自然体験

何も用意されていない自然の中で自分たちで面白さを見出すことが今回の目的。

見たこともない植物や虫を探したり、鳥の鳴き声を頼りに姿を探したり…

子供たち自身で工夫しながら面白さを見出していました。


遊びの中では子どもたちが勝手に自分たちのルールを決めたり、役割を決めたりすることで『誰かに何かをやらされている』ではなく、自分たちで『やっている』ことが楽しかったようです。

もちろん、安全面や自然に対する配慮を事前に理解させることも重要ですね!


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page