キャンプ体験で「生きる力」を育む Part.1

長野市内の6年生による2泊3日のキャンプ体験を行いました。

以前には学校の中庭でプレキャンプを行い、今回は実際の自然環境の中でキャンプ体験。

1日目はキャンプで一番大切な「衣食住」を中心にしたキャンプワーク。

テントやタープの設営、火起こしでは薪集めから薪割り、食事の準備まで全てを自分たちで行います。




先ずは一番大事なテント設営からスタート。

設置場所の確認

役割分担もしっかりできていたようです。

徐々に形になってきました

今回初めてのタープ設営も難なくこなしています。

自分たちで建てたタープの下で。

大人でも慣れていないと手こずるテント設営ですが、声を出しあって各自の役割を分担しみんなで協力しながらスムーズにテント設営ができていました。



続いて夕食の準備につながる薪集め、薪割り、更には落ちている枝を集めトライポッド作りにも挑戦

程よい長さの枝が見つかったようです。

枝探しも真剣です。

覚えたロープワークを駆使して薪集め

トライポッド作りに挑戦

ノコギリで枝切り


バトニングにも挑戦

太い枝は細く割っていきます。

一番の難所?火起こし!

焚き火で調理にもチャレンジ。